忍者ブログ
ゲーム専門で音楽を製作するパンサウンドというサイトと、無料音楽素材を扱うPANICPUMPKINというサイトの管理人のブログです。
プロフィール
HN:
みそか
性別:
非公開
自己紹介:
「音楽製作パンサウンド(http://pansound.com/)」と「音楽素材PANICPUMPKIN(http://pansound.com/panicpumpkin/)」管理人のブログです。サイト更新情報などを気ままに書いてます( ・ω・ )
最新コメント
[02/26 みそか]
[02/26 みそか]
[02/25 ドロシアソーサレス]
[02/25 ドロシアソーサレス]
[11/02 みそか]
[11/01 VeLTiNA]
[11/01 みそか]
[11/01 VeLTiNA]
[04/30 NONAME]
[04/12 謎の人]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
カルドセプトの対戦交流会代々木アポーツに行ってきたぞ。
参宮橋駅いいところだなー( ・ω・ )
改札を出てすぐ下町の路地に出る駅が好きなのです。
会場の国立オリンピック記念青少年総合センターからは
新宿のビル街がきれいに見えるのであった( `・ω・´ )=3
PR
カルドセプト3DSやってますか!?
私はやってますよ、ええ、やってますよ!!( `・ω・´ )=3

さて、カードもだいぶ集まってきたので、
今回は私お気に入りのブックをご紹介します。
その名も「魔王援護」!!
先々週よりカルドセプトの新情報が
コンスタントにファミ通に掲載されホクホクしているみそかです( ・ω・ )ドモ

今週号では新たなカードの紹介こそなかったものの、
なんとシリーズ初の大幅な同盟戦ルールの変更について記述されておりました!

今回は新しいルールをかいつまんで説明すると共に、
3DS版では出来なくなってしまうであろう同盟用コンボをご紹介したいと思います。
本日4月21日正午、任天堂のインターネットプレゼン「Nintendo Direct 2012/4/21」にて、
カルドセプトの新情報が続々と公開されました!( `・ω・´ )
また放送に合わせて公式サイトもリニューアル。
こちらでもさまざまな情報をご覧いただけますので、ファンの方は要チェックです!
http://3ds.culdcept.com/

さて、そんな新情報のひとつに「雪辱」という能力があります。
これは「攻撃して相手の無効化でダメージを与えられなかった場合に発動する」とのこと。
その効果はすでに公開済みの情報のなかだけでも強力なものが多いのです!
「相手を破壊する」「魔力を30%奪う」「最も多く持つ護符を30%奪う」
(´・ω・`)・ω・`) キャーコワイ

そこで今回の記事では、この雪辱を打ち破る方法について考えてみたいと思います。
今週のファミ通ではカルドセプトの新情報は
サーガからの参戦となる「アベンジャー」の紹介のみ。
先週の新カード情報に比べるとちょっとさびしい内容でした(´・ω・` )

ともあれそのアベンジャーの能力に関して考察してみます。
twitterではたびたびつぶやいておりますが、
私みそかは、カードゲームとボードゲームの魅力が合わさった
「カルドセプト」というゲームが大好きなのでございます( `・ω・´ )
最新作が6月28日発売予定ということで、
ドキドキしながら毎日を過ごしております。

さて本日4月12日発売のファミ通にて、新カードの情報などが明らかになりました!
紹介されたカードについていくつか雑感を述べたいと思います。

09年5月19日現在、カルドセプトDSのwifiランキング対戦のお題は
「ノーマルカード限定」となっています。

即死クリーチャーがほとんどおらず、
STが飛躍的に伸びるクリーチャーもいないので、
攻撃側に不利な状況が生まれました。
単純に高HPクリーチャーをばらまく作戦がよろしいようです。
そこでこんなブックを考えてみました。

「N高HP」

■サイクロプス、バーサーカー、ストーンウォール、マミー
ばらまき用クリーチャーたち。
バーサーカーは自爆覚悟のアタック要因兼後述のゴールドグース用に入れています。

■F・ジャイアント、サラマンダー、ゴーレム、ヘルハウンド
拠点候補たち。
火属性を採用した理由はHPと共にSTも高いからです。
ヘルハウンドは拠点候補というよりは素で出せる高STアタッカーです。

また、ストーンウォールとマミーを拠点候補にしていない理由は、
援護ブックブームの背景により地属性の争奪戦が激しいからです。

水属性を避けた理由はG・イールが思ったより活躍できる場がないこと。
モスマンが存在しないだけで存在価値がぐっと下がります。
また、ジオファーグもいないので、アンダインとI・サラマンダーの価値もありません。

■ロックバイター
HPを上昇させれば生き残る場になっているので
援護ブックが流行っています。
ドリアード、ウッドフォーク、ドルイドを拠点とするセプターを相手にしたら、
ロックバイターの地属性強打をうまくつかって対処してください。
後述のポイゾンミストの重ねがけや支援効果を使うのも有効です。

■ガセアスフォーム、マジックシールド
防具です。
ST上昇系クリーチャーがいないので
マジックシールドを多めにするといいです。

■スリープ、ゴールドグース
万が一用にスリープを入れておきます。
巻物強打クリーチャーがいればブラッドスポイルもありなのですが、
コンセプト上存在しないのでスリープを使います。

高HPブックのお供ゴールドグースもアクセントに入れておくと有利です。
ドレインマジックがないので手持ち魔力が増えることに何ら弱点がありません。
どんどん増やしましょう。

■ポイゾンミスト
強打を使っても勝てない相手には毒霧で弱体化しておきましょう。

■シャッター、ヘイスト、マウンテンリープ、リム-ブカース
お好みでそのほかのスペルを。
リムーブカースはファンタズムやランドプロテクト外しに使います。
せっかくつけたポイゾンミストが外れる可能性もなくはないですが、
大体は弱体化したクリーチャーを置き直しというケースが多いので、
そこまで神経質になる必要はないです。
Copyright c 作曲家みそかのブログ「パンブログ」 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]